教えて!はんこのこと

これだけは知っておいてください。

近年、はんこは100円ショップなどでも手軽に誰でも買える時代です。
一方で、このように同型の物が大量生産されているハンコは安全性から見てもあまり良いとは言えません。実印として印鑑登録をしたり、大切な契約や金融機関への届出印として使用することは以ての外です。

貴方の幸運を左右するかも知れないものですから実印にはできるだけ手作りで、世界にひとつしかないハンコを使用しましょう。

どんな時にハンコが必要なの?

外国ではサインで済ましてしまうことも、日本ではハンコが必要になります。ここではハンコがどのような時に必要なのかをご説明させて頂きます。

ご結婚される(婚姻届)時

ご結婚は、パートナーと一生を共に歩んでゆくという決意と喜びを新たにしてくれます。風間印房では縁起の良い開運印鑑を一刀一刀心を致してお彫りいたします。

お子様誕生(出生届)

お子様が生まれた際の出生届にも実印が必要です。たいせつな瞬間の「証」となるものです。

マイホームを買う(不動産購入)

購入する際はもちろん、貸借・売買の時にも実印が必要です。人生で一番大きな買い物になりうる時ですから、しっかりとした実印をご用意されることをオススメします。

自動車を買う

自動車を買う時にも印鑑証明書が必要となります。
印鑑証明書は重要な手続きや申請を行う書面へ、実印の押印が必要な時それが実印であることを証明する重要な役目を果たします。

就職する

晴れて社会人になる際も就職先との各種契約書を記載する際に捺印します。お子様の就職祝いにプレゼントされた実印を長年の間たいせつに使い親子代々ご使用されている方もいらっしゃいます。

会社設立

株式会社や合同会社などの法人だけでなく、個人事業でも印鑑は必要です。成功を祈願するためにも重要な役割を担っています。

この他にも遺言状、養子縁組、身元保証人など、必要になるシーンは様々です。

これらの事は人生で必ず経験することになるでしょう。ハンコは私たちの生活における「一生のパートナー」なのです。

いまさら聞けない!ハンコの色々

ハンコの始まり

今から5000年以上前のメソポタミア地方に、その起源があるとされています。当時のハンコは今とは違い、円筒の外側に絵や文字を刻み、それを転がすようにして押印していました。
そして、日本でハンコが使われるようになったときはいつなのか?諸説ありますが、現存する日本最古の印は1784年、現在の福岡県で発見されたものだと言われています。

ハンコの種類

ハンコが誕生してから5000年以上経ちますが、現在では色々な姿形をしたハンコが、様々な場面で活躍しています。

実印

市町村役場から印鑑証明書が取得できる印のことを実印と呼んでいます。法律的な効力を持つ、非常に重要なものです。また、会社や団体の代表者の印でも実印があります。法務局に定款とともに提出し届ける会社の一番大事な印鑑です。

銀行印

法律的には、銀行印という特定のものは存在しません。実印を必要とはしませんが、金融機関での預貯金口座開設、金銭の出納に使用する重要なハンコです。

社印

社印は、見積書や請求書、発注書、領収書など、会社で日常的に発行される書類に捺印する印鑑として使います。また、金融機関での預貯金口座開設、金銭の出納にも使用する重要なハンコです。

代表者印

代表者印は、会社の実印です。丸判とも言います。法人や団体が法務局へ会社設立登記を行う際に登録した印鑑、つまり法人・団体としての実印のこと指すものですので強い効力を持ちます。

社判

会社で使うはんこや印鑑の総称とし、広い意味で使われる事が多い言葉でもあります。 企業によっては、社判も社印も同じような意味で捉えられている場合もあります。

ゴム印

ゴム印は認め印として様々な用途で使用します。納品書や領収書の日常業務で使用したり、お店のチラシ広告などにも使えるものです。

ご依頼の流れ

  • 1.通信販売ページにて、印材と大きさをお選びいただき買い物カゴに入れてください。

  • 2.注文確認画面で以下の手順で進めて下さい。注文入力→内容確認→注文完了

  • 3.注文確認の自動メールが届きます。

  • 4.ご指定口座にお振込をお願いします。※請求書や振込用紙はございません。

  • 5.出来上り次第レターパックでお届けいたします。

    ※お振り込み確認後受付完了となります。
    ※1ヶ月以上お振込のない方はキャンセルとさせていただきます。